2014年2月14日までに

2013年04月

彼女と出かけた一日はとても楽しかった。

脱出ゲーム

充実した一時間

余韻に浸る一時間

夕食もともにした。


彼女との距離

確実に縮まるはずだった。


でも、なぜ


その感触は感じられない。

恋愛対象にはならないのだろうか。

不安がよぎる。

単なる『いいひと』


近いようで遠い

あと一歩、近づけない距離がある。

 

昨日、脱出ゲームに参加してきた。

地元開催ではなかったので、車で片道2時間、ちょっとした旅行気分。

彼女のほかに職場の同僚も一緒。


結果は脱出できず。

あと一歩、もうほとんど謎は解き終わったのですが・・・

タイムアップ!


達成感はあったものの、大きな悔しさが残った。

ネタバレ禁止ということなので、詳しいことはかけないが

3人でリベンジを約束する。


次こそと誓う一日だった。

 

いよいよ、明日は彼女とお出かけです。

二人きりではないのが残念だが・・・


かなり前からの約束

ずっと楽しみにしていた。


でも・・・


ついにこの日がきてしまう。

うれしい反面、さびしい気持ちもある。 

次はいったい、いつになるのだろう。


分けれる前に次の約束をしておきたい。

 

一昨日、今日と続けて焼肉だった。

送別会が多かった分、歓迎会も多い。

飲みに出る機会が多いということは

本来、幸せなのかもしれない。


でも・・・


同僚というだけで、好きでもない人と酒を飲んでも楽しくもない。

もともと、人付き合いが得意なわけでもない。


他の人は、誰とでも酒を飲めるのだろうか。

彼女は一緒に酒を飲んでくれた。

少しは意識してくれているのか。


もうすぐGWである。

新しい環境に不慣れなこの時期

まとまった休みは、体を休めるのにちょうどよい。


それでも3日もあるわけで

少しは有効に使いたいとも思えてくる。


いったい何をしようか。

考え抜いた結果

会社の仲間と遊びに行くことにした。

もちろん、彼女も含まれている。


できれば二人だけで

そうなれば理想的であったが

やはり、それは無理な話しであった。


いやはや、どう展開していくか。

今から作戦会議である。

 

このページのトップヘ